掃除の際には希釈した次亜塩素酸ナトリウム

学校では学生が多く集まる教室が特に注意が必要です。教室は生徒自身だけではなく部屋も除菌を心掛け、掃除の際には希釈した次亜塩素酸ナトリウムを噴霧器で噴霧して拭きとる作業をしています。

通常のアルコールでの除菌も行いますが、品薄が影響していて費用がかかってしまい大変です。このため机や椅子などの備品や、床についてはウイルスにも効果があり、アルコールと比べて比較的値ごろな次亜塩素酸ナトリウムを使うことでコストと安全を両立するように。

一方で次亜塩素酸ナトリウムは肌にはが強すぎて荒れることがあるため、手の消毒などについては通常通りアルコールを使用しています。また保管場所にも工夫をしています。希釈液とはいっても、少なからず人体に刺激を与えるため清掃以外では基本使用しません。掃除以外での際は、先生に一言伝えて借りられるようにするなどの対応をしています。特に給食の時間は注意が必要です。生徒同士がおしゃべりをしたりしないよう机はくっつけずに前を向いて食事をするようにしています。